ファイル共有には不可欠である排他制御

ファイル共有というのは、一つのファイルを複数のユーザーが共同で利用するというものです。

これはデータベースサーバーでは当たり前に行われているもので、データベースサーバー上にある一つのデータを、それを共同で利用しているデータベースユーザーが共有して、データ処理を行うというものです。

このような場合には、複数のユーザーが同時にデータの書き込みや更新を行おうとして、競合が発生してしまうことがありますから、排他制御という機能があって、必ず一時には一人のユーザーだけが書き込みや更新を行えるように、システムが制御を行って、競合が発生してしまうことがないようにしているのです。

ファイルの共有に関する情報の一覧です。

読み出しの場合には、複数のユーザーが同時にアクセスしていても、データの内容が書き換わることがないために、排他制御というものは必要がありません。



従って、サーバー上で複数のユーザーがファイルを共有するという場合には、こうした排他制御という機能が必要になるわけです。

Youtubeの情報といえばココです。

その基本的な手法としては、ファイルにはユーザーごとにアクセス権の設定ができるので、あるユーザーが書き込みを伴う処理を行っている場合には、他のユーザーは読み出しのみで書き込みはできないよう、アクセス権が設定されるようにすることで、競合が発生しないようにすることができるのです。

その具体的な実現方式にはいくつかのものがあるのですが、いずれにせよ、基本的な手法は前述したようなものとなっているのです。